Microsoft Azure Virtual Desktopをmacへ入れてみた

Microsoft AzureでmacにWindows 環境作って動かしてみました。現在、ParallelsでWindows環境を利用できるようにしているのですが、利用頻度が少なく、Azureで快適に操作できるのであれば、費用感も含めて良ければ移行を検討していました。

まず、導入ハードルですがMicrosoftアカウントを持っていればログインまではすぐ出来ました!(ただし、アカウント作成時にクレジットカードの登録が必須)

ITコンサルの方に一旦自分でできるところまでやってみてと言われて実施してみたものの、ログインして、仮想マシンの設定画面から新規作成、、、、

???これはなんだ?次は何を選択したらいいの????

となってしまい、私には設定不可でした、、、後日コンサルの方と一緒に設定を完了させましたが、これは難しかったですね!(笑)と言われ、私の頑張りが足らなかったかな〜と思っていたのですが、そうではなかったようで、ちょっと安心(-ω-)

設定を完了させ動かしてみたのですが、速度が思った以上に遅く、業務利用は断念しました。

大変だったけどやったことないツールを実際動かしてみるのは大変勉強になりました!これからもどんどん新しいツールを試して見たいと思います!!

関連記事

  1. miroでマインドマップを作ってみた

  2. Googleフォームでばりでーしょんバキバキに設定してフォー…

  3. 時給更新のための取込みシートをスタッフが改善中

  4. 手続き依頼システム(HRA.Sip)を開発

  5. chatGTPでGoogle Apps Scriptを組んで…

  6. 新規従業員の取り込みフォーマットの改善をしました。

PAGE TOP